その他」カテゴリーアーカイブ

クリトリス開発

クリトリス攻めをしてくれる男性を募集
ただ、お金持ちだからという理由で彼と付き合いました。見た目もタイプではないし、性格もいい人って感じではないけれど欲しい物はなんでも買ってくれるからいいかなと思っていました。別に彼と結婚するわけでもないし他にいい人がいたら彼を遊びとして付き合えばいい。しかし、そんな彼の性格で一つだけ嫌なところがあります。それはH。正直、Hなんかしたくありません。でも色々してもらってばかりだからある程度は我慢しないといけないことは分かっています。それでも、彼とのHは苦痛でした。普通にやるならまだいいけれど、おもちゃを使って今ではクリトリス開発をしたいと言ってネットでクリトリス開発を調べて私に試しています。確かにすごく感じるけど、不快に思ってしまうこともあります。早くクリトリス開発なんてやめて欲しい、感じていなくても感じているフリするからと思ってしまう私でした。

それから、半年後。私は彼と結婚する事になりました。まさか、結婚すると思っていませんでしたが理由は彼の親が結婚の話をどんどんされ、しまいにはゴムはつけてHをしていたのに妊娠してしまいました。多分彼がゴムに穴をあけたのかと思いました。おろすことも考えましたが、悪阻が酷く彼に妊娠していることが気づかれてしまい、彼の親にもすぐ報告されおろすことも出来ずに結婚する事に。正直お金目当てで付き合った事に後悔しています。もう私には本当の恋愛は出来ないのか思うと悲しくて毎晩泣いてしまう日々を送っています。
クリトリス調教

里親募集

パパ契約
先月うちの犬が出産をしました。
生まれた子供のうちほとんどは、知り合いにあげたのですが、残った子を里親募集したのです。
本当は自分で飼いたかったのですが、もうすでに三匹犬がいるので、さすがにこれ以上は無理で…
泣く泣く里親募集をした訳です。
里親募集をしてから、何人か問い合わせがあり、その中のある家族に決めました。
その人たちは、子犬を取りに来てくれるってことでした。
当日は、ちょっとそわそわしました。
可愛い子犬を渡すのは、娘を嫁に出す親のような気持ちで…
取りに来たのは三人家族で、夫婦と大学生の息子さんでした。
年齢を聞くと、なんと私と同い年だったのです。
彼からその時連絡先を聞いて、子犬をまた見に行ってもいいって許可をもらいました。
その日の夜に早速彼から連絡が来て、LINEでのやり取りが始まりました。
彼とは同い年ってこともあり、とっても気があって、毎日LINEを遅くまでやり取りしました。
彼は水泳の選手で、かなり有名で強い選手らしいです。
彼の試合に応援に来てくれと誘われた時は凄く嬉しかったです。
私は、彼に好きとは言っていませんでしたが、多分伝わってるだろうなって思いました。
彼とはデートもいっぱいしました。
水族館や遊園地、映画にドライブ。
とにかく二人でいると楽しくて、時間があっという間に経ちました。
彼の水泳の応援に行った日、彼はその大会で優勝しました。
とってもかっこよかったです。
その日の夜、彼に告白されました。
凄く嬉しかったです。
愛人になりたい

掲示板

掲示板を使って良い出会いをしたことがある人なら、わかるだろう。
日常生活をして行く中で、「出会うことがない」人。
日常生活をして行く中で、「出会うことができない」人。
日常生活をして行く中で、「出会うべき」人。
これらの人たちと、すんなりと出会うことができてしまうのが、掲示板のスゴイところである。
かくいう私も、これまでを振り返ると、掲示板の恩恵ともいえるこのスゴイところによって、沢山の出会いを経験してきた一人だ。
私の場合は、男女や年齢を問わず、様々な人たちと会ってきた。
彼らとバカな話をすることもあれば、一生涯に関わる真剣な話をすることもあるので、ほぼ腹を割った関係ともいえるだろう。
掲示板を使い、直近で私が出会ったK子とも、言うまでもなく、そんな関係である。
彼女は、掲示板の私の書き込みを見て、返信をくれたことがきっかけだった。
割り切り 掲示板
具体的に、私は、「学生時代のように、利害関係のない友人をまた作りたいと思っています。まずは、お茶からでもいかがでしょうか?」というように書き込みをした。
私のその書き込みに対して、すぐに返信をしてくれたのが彼女だった。
彼女は、「はじめまして。私も同じく、利害関係のない友人を探しているところです。住みもお互いに近いようですし、時間が合う時にでも、気楽に会えたらと思います。」という返信をくれた。
彼女が書いたように、お互いに住みも近く、仕事休みの日も合った為に、とんとん拍子で会うことになった私たちであった。
実際にK子と会ってみて今日に至るわけであるが、彼女と話していると、とても勉強になることが多い。
私には持っていないモノを持っているし、人生経験が豊富なのだ。
そんな素敵な女性と出会えたのも、掲示板のお蔭である。

筆おろし

アプリでセフレを作る
書道やってる人には分かると思うんだけど、筆おろしって、新しいものを最初に使うドキドキ感も確かにあるんだけど、逆に使いなれた筆からの卒業みたいで、寂しくもあるわけ。
それに、筆おろしした後、使い慣れてくるまで時間がかかるしさ。
使いがってって、使ってるうちに手になじんできたりするもんだから、一朝一夕にはしっくりこないもんだよね。
男の処女厨って、その辺が分かるような分かんないような。初めてのものを自分仕様にしたいって願望は分かるけど、その分愛着もわくんだろうけど、しっくりこないっていうかさ。
俺は処女厨じゃないっていうか、どっちかと言ったら、使い慣れてるなじんだものの方が好き。
彼女も、ずっと高校時代から付き合い始めて、もう10年変わらず。
そういう意味での、筆おろしの相手も彼女だったし。
まぁ、筆おろしって言っても、産まれた時から持ってる自分の一部だから、書道の時のような筆おろし感は全くなかったけど。
どっちかと言ったら、彼女の処女を頂戴したっていう感覚だったしさ。
10年も一緒にいるから、もう愛着っていうのを通り越して、相手が隣にいることが自然っていうか、自分の一部に取り込まれてる感があるな。
家族でもない他人なのに、自分の一部みたいに感じられる相手がいるって、時々すごいことだと思うわけ。
自分が使ってる筆も、自分の手と同化してるように感じる時があるけど、そんな不思議で当たり前の感覚。
今度、結婚するんだけど、なんていうか、結婚って形を取らなくても、このままずっと二人で一緒にやって行くんだなって、当たり前の自然な感覚しかないんだよね。
サポ掲示板
テレクラ