21歳女子大生の神待ち体験談

あの日、私は困っていました。
1人で他県に遊びに行って、財布を無くしてしまったのです。
帰れない私はサイトで『今○○県の~市に遊びに来ています。私を今夜泊めてください』
と書き込みをしました。
そう、神待ちです。

神待ち掲示板に書き込みをしてから少し待っていると、私にとっての神様が
『いいよ~迎えに行くから遊ぼう。』と返事をくれました。
まさか初めての神待ちがこんなに上手くいくなんて!

「おまたせ。どこ行きたい?」車を走らせながら、今日のこと・神待ちした理由など
他愛もない会話をしました。
そして、神様(=彼)は実家住まいだから泊まるのはホテルでも良いか?と
少し申し訳なさそうに言ってくれたけど、泊まらせてくれるならどこでもありがたかったので
私は全く気にしませんでした。
色んな所を見て回って、満足した私たちは、普通のカップルが入るのと同じように
ラブホに入りました。

沢山話して打ち解けていたせいか、私たちはどちらからでもなく自然に求め合ってました。
何度も深く唇を貪り合って、まるで獣になった気分で
何度も、何度も、求め合って…あんなに興奮したのは初めてでした。
少し休んで、一緒にお風呂に浸かりながら
「また遊びにおいでよ。それとも俺が遊びに行こうか?」と言われたので、
「うん!」と一つ返事で、また会う約束をしちゃいました。

穴場のスポットの案内もしてくれて、ご飯もご馳走になって…
その上あんな凄い体験
すっかり得しちゃいました。
神待ち…私ハマりそうです。